利用者の口コミを大調査!不用品回収業者の評判まとめ

口コミでわかる!本当に支持されている不用品回収業者はここ!

HOME » 【シーン別】不用品回収口コミ・体験談 » 店舗回収編

店舗回収編

本ページでは、東京をはじめ、都市部などでの店舗における不用品回収依頼された方々の口コミや体験談を取りまとめてご紹介していきたいと思います。

東京や都市部など、店舗の不用品回収の事例

お店の改装やリニューアルという場合から、ご自分でやっていたご商売を断腸の思いで辞めるという場合まで、さまざまなケースがあることでしょう。いわゆる「居抜き」での譲渡転売の場合は除き、店じまいには、不要となった備品などの片付けや整理という作業が発生します。東京をはじめ、都市部などの場合、利用を検討したいのが、他ならぬ不用品回収業者です。特に機器や設備類、さらには処理しきれなかった在庫などの買い取りなどにも対応してもらえるという可能性も広がります。実際に依頼した方々の事例を見ていきましょう。

ケース1:Aさん「個人事業の廃業に際し、回収と買い取りを依頼」

個人で雑貨の輸入・販売を手がけていましたが、諸般の事情により、会社員への転職と相成りました。そこで店じまいに際し、備品や什器、事務用品などの回収を依頼することに。たまたま知人に知っている業者がいると紹介してもらいました。見積もりは無料で、回収だけでなく買い取りにも対応しているという点に惹かれました。当日は、テキパキと見積もり作業をしてくれ、提示された金額を見てビックリ。想像していたよりも全然少額だったのです。聞けば、事務機器類や売れ残っていた在庫商品の買い取り価格によって、回収費用はほんの微々たる額で済んでしまいました。貧乏な零細業者としては、大変ありがたかったです。これで心意気なく、新しい道へと踏み出せます。

ケース2:Bさん「両親の隠居・店じまいに、回収業者を依頼」

飲食店を長年続けてきた両親が、高齢による体力の衰えを理由に、隠居と店じまいを決断しました。息子としては後を継がなくて申し訳ない気持ちと、ゆっくり余生を過ごして欲しいという気持ちが半々でした。また幸運にも店舗は売却先が見つかり、老後の生活の足しにできることに。そこで、やらなければならなかったのが、不用品の整理と片付けです。厨房機器や食器などが大半でしたが、知人から紹介されたのが買い取りも行なっている業者さん。お聞きした所、こうした品々は、業か医専門のルートにツテがあれば、再利用品として買い取ってもらえるのだそうです。果たして結果は、想像よりはるかに安価な料金で済んでしまいました。不用品回収は高いという先入観がありましたが、それも業者さん次第だなと思った次第です。良い業者さんに巡り会えました。