利用者の口コミを大調査!不用品回収業者の評判まとめ

口コミでわかる!本当に支持されている不用品回収業者はここ!

HOME » 【シーン別】不用品回収口コミ・体験談 » 子供用品(スポーツ用品・学習用品)処分編

子供用品(スポーツ用品・学習用品)処分編

本ページでは、スポーツ用品・学習用品など子供用品の不用品回収を依頼された方々の口コミや体験談を取りまとめてご紹介していきたいと思います。

学習机など子供の不用品回収事例

子供の成長にともなって、不用になることも多い子供用品。中でも多いのが、学習机やスポーツ用品。学習机は重たく頑丈なため、自分で運び出すのもひと苦労です。

不用品回収業者では、こうした使わなくなった子供用品も引き取ってくれるので、困った時にとても頼りになる存在です。ここでも実際に依頼した人の事例を見ていきましょう。

ケース1:Aさん「いらなくなった勉強机の買取りを依頼」

子供のころからずっと使ってきた勉強机なのでとても愛着があり、引っ越す時にも持って行こうと思っていたのですが、引越しの当日に業者が来て、いざ運ぼうとなった時に転居先で新しい机を買った方が効率的な事に気づきました。

普通より大きいサイズの机だったので、引っ越し業者のトラックに載せたりおろしたりするのも大変だし、引越し先の階段を登って持っていってもらうのもなんだか悪いような気もして古い机は廃棄することにしました。

自治体の不燃物や粗大ごみ回収に依頼しようとしたところ、回収日は平日で曜日も決まっていて、指定の場所まで運ばなくてはならないし、まず市役所が管轄している事務所に一報を入れないということで、会社を休むこともできず、数件の不用品回収業者に連絡をし、電話の対応もよく、買取りをしてくれるという業者に引き取りをお願いしました。

机はけっこういいものだったので、まあまあの値段で買いとってもらえましたが、このことを友達に話すと「愛着ある思い出の品だったのなら処分することはなかったんじゃないの」と言われ、やはり棄てるんじゃなかったかも・・・とちょっと後悔しましたが、廃棄したわけではなく誰かに使ってもらえるので良かったと思っています。

ケース2:Bさん「子供が使っていた歩行器やベビーベッドの回収を依頼」

幼稚園に行きはじめた息子が小さい頃に使っていた歩行器やベビーベッドがあったのですが、家に置いておいても他に使う子供もいないし、子供が生まれる予定もなく、けっこう大きくて場所もとる、すごく邪魔だ、ということで処分することにしました。

まだまだ使える物なのですが、もともと私の2人の兄の家で使っていたものなので塗装などもはげてしまっていて知り合いにあげるのはちょっとね、というものでした。

友人に相談したら不用品回収業者を紹介してくれたので電話で連絡したところ、すぐに見にきてくれて、引き取り料ゼロで引き取ってもらえました。

家の引越しもひかえていて、引越しの時には色々不用品も出そうなので、そのときにはまたお願いしようと思っています。

まったく知らない業者に新たに頼むよりも、一度依頼したことのある業者のほうが安心できますし、何より、とても感じのよい方が来てくださったので、とても良い印象を受けたからです。

ケース3:Cさん「引っ越しのために勉強机を処分してもらいました」

引越しを行なう際に古い勉強机が邪魔になったため、不用品回収業者に回収を依頼しました。自宅から勉強机をスムーズに運び出してくれたので、迅速な対応をしてくださった業者の方には感謝しています。

ケース4:Dさん「思い切って勉強机を処分しました」

最近部屋の模様替えを行なうことにしたため、自宅に置いてある勉強机を新しいものへと買い替えました。不用品回収業者に対応を依頼したところ、希望した日時にすぐ机を撤去してくれました。回収費用も安く抑えられたため、依頼して良かったと満足しています。

不要になった勉強机を処分する方法

勉強机を欲しがっている人にあげる

長年愛用していた勉強机を処分する際は、親戚や近隣で勉強机を必要としている人がいないか調べてみましょう。人に勉強机を引き取ってもらえば不用品の回収に必要な資金を準備する必要はありませんし、場合によっては勉強机を買い取ってもらい新しい設備を購入するための資金を集めることも可能です。
近隣や親戚で勉強机を欲しがっている方がいない場合は、不用品交換サイトなどで募集を行なってみるのがおすすめです。勉強机の写真なども一緒に掲載しておけば、迅速に引き取り手を見つけることができます。

リサイクルショップに買取ってもらう

学生が勉強をするのに最適な勉強机は需要が非常に高いため、リサイクルショップなどの店舗でもよく取り扱いされています。そのためリサイクルショップなどに査定を依頼しておけば、所有している勉強机を買取してもらうことが可能です。
しかし机に汚れや傷がついていると、状態が悪いと認識されて買取を断られてしまうことがあります。机に汚れなどがついている場合はきれいに拭き取り、買取してもらえるように少しでも机の状態を良くしておきましょう。

バラバラに分解して捨てる

現在普及している勉強机は組み立て式のものが多く、バラバラに分解して不用品回収を実施することもできます。捨てる際は木材部分を燃えるごみとして、金具などは燃えないごみとして処分しなければなりません。一般的なノコギリなどで分解することも可能ですが、迅速に作業を進めたい場合は電動ノコギリなどの工具を使用するのが一番です。

不用品回収業者を利用する

いくら不用になったものであっても、勉強机をバラバラに分解して捨てるのはあまり気持ちの良いものではありません。なるべく晴れやかな気分で机を手放したい場合は、不用品回収を取り扱っている業者に机を引き取ってもらうのがベストです。
都合の良い日時に不用品を回収してもらうことができますし、机をそのままの形で撤去してもらうことができます。自力で外まで机を運んだり、回収場所まで机を持ち込んだりする必要はありません。