利用者の口コミを大調査!不用品回収業者の評判まとめ

口コミでわかる!本当に支持されている不用品回収業者はここ!

HOME » 【シーン別】不用品回収口コミ・体験談 » 遺品整理編

遺品整理編

本ページでは、遺品整理を不用品回収業者に依頼することが勧められる理由。そして、実際に利用した方々の口コミや体験談を、取りまとめてご紹介していきたいと思います。

遺品整理を行う理由について

最近では、遺品整理を業者へ依頼する方も増えてきました。

遺品整理をプロに依頼する理由には、ご遺族の方が近くに住んでいない、遺品整理の仕方が分からない、荷物を運ぶことが難しいなど、遺族の方の状況に応じて様々です。

今後、高齢化社会が進んでいくにつれ、遺品整理の需要もどんどん増えていくでしょう。

家族との別れには、葬儀の手配をはじめ様々な手続きや作業を行わなくてはなりません。そんな多忙な中で、遺品整理を並行するのは現実的に考えても困難です。

そして、大切な人が亡くなったショックから、片づけをするが精神的に難しくなるケースも少なくありません。

このような理由から、遺品整理は業者への依頼が勧められるのです。

不用品回収業者が行う遺品整理の内容

遺品整理を依頼する時は、依頼の流れを知っておくと作業がスムーズに進みます。ここでは、遺品整理の内容についてみていきましょう。

1.遺品の分別

遺品整理でもっとも大切なのが、遺品の分別作業です。生前整理などをされていない場合、数多くの遺品が残っていることが考えられます。

大量の遺品を仕分けしていく中で、権利書や株券、保険証の貴重品を不用品と混同して捨ててしまう恐れもあります。

プロの不用品回収業者であれば、遺品をひとつひとつ正確に分別して、貴重品は遺族の方へすみやかに確認するようにしています。

また、個人情報の管理もしっかり行っているので、保険証などの管理も安心して任せられるのです。

家電製品など、使用できる遺品に関しては買い取り対応してもらえるので、希望する際は事前に申し出ておくといいでしょう。

2.供養

品物によっては、供養を行うこともあります。特に、故人が生前に使用していた洋服や布団、写真、手紙などは、供養を依頼する人が多いようです。

魂が宿りやすいとされている人形も、なるべく供養に出しておきたい品物です。

不用品回収業者によっては、遺族の方も供養に参加できるので安心して送り出すことができます。

3.清掃

不用品を搬出した後はお部屋の掃除をします。故人が一人暮らしだった場合は、住宅を引き払う必要があります。

このような清掃サービスがあれば、退去手続きで発生する手間も省けるでしょう。

特殊清掃が必要となる場合は、不用品回収業者では対応しきれない可能性があります。しかし、提携している清掃業者を紹介してもらえる可能性もあるので、問い合わせの際に確認するといいでしょう。

4.手続きの作業

携帯電話や保険関係の解約手続きは、個人で行うには大きな手間がかかる作業です。特に官公庁に出向くような手続きは、平日に対応しなくてはなりません。

また、書類に不備があった場合、1から書き直しが必要になることもあります。

不用品回収業者では、各種手続きを代行してもらうことが可能です。業者によっては、司法書士と提携しているので専門性が高い手続きも、問題なく任せられます。

業者へ依頼する~メリット・デメリット~

ここでは、遺品整理をプロに任せるメリット・デメリットについてみていきましょう。

【メリット】

精神的・体力的負担を減らす

遺品整理は、精神・体力ともに大きな労力を伴う作業です。特に、故人が亡くなった当初は精神的ショックが大きく、作業が手につかなくなってしまうものです。

また、食器棚などの大きな家具は、正しく搬出しないと住宅に傷をつけてしまう恐れがあります。倒壊により大怪我に繋がる恐れもあるため、業者の手を借りることが勧められるのです。

効率よく遺品整理を行える

故人が賃貸住宅に一人で暮らしていた場合は、いつまでも遺品を保管しておくわけにはいけません。誰も住んでいない状態でも、退去手続きを行うまでは月々の賃料が発生してしまいます。

しかし、遺品整理を行うも時間が思うようにつくれない人が多いのが実情でしょう。

そのような時こそ、不用品回収業者が遺族の大きなサポーターとなるのです。

【デメリット】

料金が発生する

遺品整理を依頼することで、時間や精神的に余裕ができます。しかし、その分の支払いが必要になります。

葬儀の規模などによっては、様々な場面で支払いが発生することがあります。そのため、遺品整理には費用をかけたくないと考える人もいるでしょう。

ご親族で分担すれば、期間・料金を抑えて遺品整理が行えます。不用品回収業者を利用する際は、事前にご親族で協議されてもいいでしょう。

遺品の分別ミス

他人から不用品に見えても、ご家族や故人にとっては大切な品物の場合があります。数多くの不用品の中に、大切な遺品が紛れてしまい処分されるケースもあります。

そのため、遺品整理の際はなるべく作業に立ち会うようにしましょう。スタッフとコミュニケーションをとりやすい環境をつくっておけば、このようなトラブルも回避できるのです。

遺品整理における不用品回収事例

亡くなられた方の遺品整理の際にも、残された不用品をどう処理して良いのか戸惑ってしまうのではないでしょうか?故人の思い入れが強いだけに、その処理になかなか踏ん切れないのも当然のことだと思います。

こうした時にも専門業者は丁寧に回収してくれます。利用した方々の体験談を見て、もしもの場合は、一度相談してみることをおすすめします。

ケース1:Aさん「心情的にも体力的にもつらい遺品整理は業者に依頼してもいいと思う」

田舎で一人暮らししていた親戚がなくなってしまい、地元で葬儀を行いました。住んでいたアパートを引き払わなくてはならなくなったのですが、私を含めた他の親類はみんな遠くに住んでいるし、仕事も忙しかったので遺品整理になかなか行くことができず困っていました。

あるとき、たまたまネットで遺品整理をしてくれる不用品回収業者がいることを知り、依頼しようと思ったものの、プライベートなものだし、遺品整理というデリケートなものをまったくの他人に頼んでいいものかとみんなで迷っていたのですが、アパートを引き払う日も近づいてきたので依頼することに決めました。

初めてのことなので心配でしたが、最初に電話で連絡したときの対応がとても丁寧で気持ちの良いものだったので、これならお願いしても大丈夫だろうとお願いすることにしました。

実際の遺品整理作業は丁寧、かつ手早く行われ、費用も思ったよりかかりませんでした。 もし私や親類が遺品整理をしていたら作業中に色々なことを思い出してしまって時間がかかり、なかなか終わらせることはできなかっただろうと思うと、業者にお願いしてよかったと思っています。

遺品整理というのは心情的にも体力的にもつらい作業なので、他人に頼むなんて情がないと言う方もいるかもしれませんが、プロにお願いするのも良いのではないかと思います。

ケース2:Bさん「遺品整理はプロに頼んで正解だった」

一人っ子の私は他県に嫁いでいるのですが、昨年、父が亡くなり、高齢で体も弱っていた母は老人ホームに入所することになりました。

お葬式、納骨を終えてほっと一安心だったのですが、その後に父母が住んでいた大きな屋敷を見て途方に暮れてしまいました。

2人が長い間使ってきた物や、なんだかわからないガラクタが山のようにあり、生きているうちに処分してもらえばよかったと思ったのですが、もう時すでに遅し。

ざっと見積もってみただけでも4トントラック10杯で済むかどうかというほど、大量の物があふれ、夫に会社を休んで手伝ってもらっても、とても無理そうでした。

そんなとき、近所の人が遺品整理をしてくれる業者がいることを教えてくれたので、さっそく連絡してみました。

遺品整理だけでなく、オプションでハウスクリーニングや室内の消毒までしてくれるということなので、早速見積もりを頼むと、すぐに来てくれて見積りをしてくれました。

見積り金額以外は一切経費がかからないというので作業を依頼、最初は本当にできるのだろうかと思っていたのですが、あれよあれよという間に目の前で片付いていく品々を見ながら「やはりプロに頼んで良かった。自分達で作業しなくて正解だった」としみじみ思いました。

しかも丁寧な作業なのに、たった1日で終了したことにも驚きました。

  • 東京でおすすめゴミ業者5選
  • 埼玉でおすすめゴミ業者5選
  • 神奈川でおすすめゴミ業者5選
  • 千葉でおすすめゴミ業者5選
おすすめ不用品回収業者
【人気の業者別】不用品回収の口コミ・体験談
【シーン別】不用品回収口コミ・体験談
不用品回収の最新事情