利用者の口コミを大調査!不用品回収業者の評判まとめ

口コミでわかる!本当に支持されている不用品回収業者はここ!

HOME » 不用品回収の最新事情 » 古い洗濯機を処分するには回収の申し込みが必要!

古い洗濯機を処分するには回収の申し込みが必要!

洗濯機の処分方法についてまとめています。

洗濯機を処分する際の注意点

洗濯機は家電リサイクル法の対象品目となっており、自治体では回収してもらえません。その際の対処方法などをまとめています。

なぜ家電なのに回収していないのか

いろいろな地域に多数の家電量販店などが登場している現在は、気軽に不用な家電や家具を回収してもらうことが可能です。しかし洗濯機は家電リサイクル法の対象であるため、一般的な方法で処分することはできません。

きちんと家電リサイクル法に沿って洗濯機を処分しないと法律違反が発生し、罰金などが請求されてしまう危険性があります。洗濯機は平成13年から家電リサイクル法の対象となっており、回収してもらう際は一定額の資金が必要です。

どの大きさの洗濯機にも必ず料金が発生するので、回収を依頼する際は信頼できる業者を選ぶようにしましょう。無料で洗濯機を回収する業者は信頼性が低く、依頼すると後にトラブルを発生させる危険性が高いです。家電の販売などを行なっている店舗に依頼することで、洗濯機のリサイクルは簡単に行なうことができます。

家電リサイクル法って何なの?

以前まで粗大ゴミの回収は自治体などが行なっており、簡単に粗大ゴミは回収できました。しかし粗大ゴミは重くてサイズも大きく、硬い部品が多く含まれているためゴミ処理施設で処分する際は多くの時間と手間がかかっていました。

設備の中にある資源も回収されずに処分されてしまうため、非常にもったいないです。こういった資源の有効利用と粗大ゴミの減少を推進するため、家電リサイクル法は導入されました。指定されている家電はエアコンにテレビ、冷蔵庫と洗濯機の4種類です。

平成16年には冷凍庫が冷蔵庫と同じ区分で追加され、平成21年にはテレビと同じ区分に衣類乾燥機が追加されています。対象となる家電の種類は今後も増えていく可能性があるため、家電を処分する際は必ず家電リサイクル法をチェックしておくようにしましょう。

店舗に回収してもらえない場合はどうする?

洗濯機の買い替えを行なった際は、古い洗濯機を店舗へ引き取ってもらうことができます。しかし店舗によっては家電のリサイクルを行なっていないこともあるため、必ず家電を回収してもらえるとは限りません。

万が一家電の回収を断られてしまった場合は、不用品の回収業者に家電を引き取ってもらいましょう。リサイクル料金と運搬費などを支払えば、どの地域に住んでいる方でも洗濯機を回収してもらうことが可能です。

まだ使える状態であればそのまま洗濯機を買取してもらうことができ、家電の処分にかかる費用を安く抑えることが可能です。依頼する業者によって回収費用はそれぞれ異なるので、回収を申し込む際はまず見積りを申し込んでおきましょう。

24時間いつでも対応可能な不用品回収業者を利用すれば、それぞれのスケジュールに合わせて家電の回収を行なうことができます。日頃忙しい生活をおくっている方にとって、24時間対応可能な回収業者は非常に最適です。

現在は多数の不用品回収業者が存在しているので、依頼を行なう際は一度ネットでいろいろな業者の情報をチェックしてみましょう。

回収までの流れ

洗濯機を回収してもらいたい時は、まず電話やメールを使って回収業者に連絡を行ないます。申し込みを行なう際に回収してもらう洗濯機の大きさやサイズなどを伝えておけば、より明確に回収費用を算出してもらうことができます。

業者によっては住宅までスタッフが訪問し、実際に設備をチェックしてから回収費用を掲示する場合もあるようです。見積りにかかる時間は10分程度であり、見積りを確認した後にキャンセルすることも可能です。

見積りに納得した後は業者の方が回収作業を実施し、住宅の中から洗濯機を運び出します。洗濯機が設置されていた場所もきちんと清掃してくれるので、部屋の中が汚れることはありません。

スムーズに洗濯機を運び出すことができますし、住宅などが傷つくこともないため非常に安全です。洗濯機を回収した後は回収費用を支払って作業完了となります。

  • 東京でおすすめゴミ業者5選
  • 埼玉でおすすめゴミ業者5選
  • 神奈川でおすすめゴミ業者5選
  • 千葉でおすすめゴミ業者5選

 

おすすめ不用品回収業者
【人気の業者別】不用品回収の口コミ・体験談
【シーン別】不用品回収口コミ・体験談
不用品回収の最新事情