利用者の口コミを大調査!不用品回収業者の評判まとめ

口コミでわかる!本当に支持されている不用品回収業者はここ!

HOME » 不用品回収の最新事情 » 業者に依頼するメリットとは?

業者に依頼するメリットとは?

本ページでは、粗大ゴミ回収と不用品引き取りと、片付け作業における利便性やメリットという観点から比較検証していきたいと思います。

粗大ゴミ回収と不用品引き取り、片付けに便利なのはどっち?

結論から先に申しましょう。自分で持ち運べる程度のものが数点という程度であれば、行政(自治体)が行なっている粗大ゴミ回収の方が安上がりと言えます。一方、まとまった量の不用品があり、できるだけ早く回収してもらいたいという場合には、不用品回収の専門業者に依頼する方がメリットは多いと言えます。

より具体的に見ていきましょう。行政に依頼する粗大ゴミ回収の場合、引取りをしてくれる品目に制限があり、家電リサイクル法対象のテレビや洗濯機などや、パソコン類、ピアノ、耐火金庫、タイヤなどは対象外となります。回収業者の場合は有害性のあるもの、引火性のあるもの、危険なもの、著しく悪臭を発するものなどを除けば、大概のものは引き取ってもらえます。

回収を依頼する際の手間という点でも回収業者に軍配が上がります。行政の場合、予め申し込みの上、回収券の購入しておき、指定された収集日に指定された場所まで自分で運び出すということをしなければなりません。業者であれば、指定した日時に回収してもらえ、即日の依頼にも対応可能。自宅に訪問してくれ、搬出はもちろん解体作業なども行なってくれます。

他方、行政の粗大ゴミ回収のメリットとしては、費用面がより安価という点があります。市区町村などの自治体が行なっているため、税金によって補われているというのが最大の理由です。その代わり、前述の通り、自宅から運び出す作業は自分で行わければならず、また基本的には日時の指定もできません。家電など回収不可の品目もあります。

以上の通り、行政(自治体)による粗大ゴミ回収は安さの代わりに手間と時間がかかる、回収業者はそれなりに費用はかかるが、手間を省略でき、回収品目の制限もより緩和されている利点があります。どちらを選ぶかは、それこそ個人の状況次第。大量の不用品を一括して回収してもらいたいのなら、回収業者が断然オススメです。