もう失敗しない!不用品回収業者を選ぶサイト

口コミでわかる!本当に支持されている不用品回収業者はここ!

もう失敗しない!不用品回収業者を選ぶサイト » 必見!不用品の回収・処分の最新事情 » 不用品回収業者と行政サービスは何が違うの?

不用品回収業者と行政サービスは何が違うの?

本ページでは、行政サービスと回収業者では回収内容にどのような違いがあるのか比較検証していきたいと思います。

不用品回収業者と役所との違い

不用品を処分する方法としては、役所に頼む場合と不用品回収業者に回収を依頼する方法がありますが、両者の間には料金やサービス内容に大きな違いがあるので、良く考えて、利用状況に合わせて依頼するようにすることをおすすめします。

回収可能品目

市や区役所などの自治体に不用品処分を依頼する場合、回収対象物に「家電リサイクル法」に定められた4品目であるエアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機が含まれていません。

また「パソコンリサイクル法」に定められたパソコン本体、ディスプレイ、ノートパソコン、ディスプレイ一体型パソコンなども含まれていないため、自治体では処分することができず、引き取ってもらえません。

不用品回収業者に回収を依頼する場合、危険なもの、有害性のあるもの、引火性のあるもの、著しく悪臭を発するものは回収してもらえませんが、家電やパソコンなど、ほぼ全ての不用品を回収してもらえます。ただ、回収業者によって回収不可能な品目が違うので、依頼する業者に確認する必要があります。

また、家電、パソコンや周辺機器、楽器、家具、バイクや自転車などは買い取ってくれる業者もいるので廃棄する前に業者に確認してみましょう。

手間

市や区役所で不用品処分を頼む時には、事前に「有料粗大ごみ回収券」等を購入しなければなりません。また不用品の取り外し、解体、運び出しなどの作業は行ってくれないので、指定された場所に自分でもっていかなくてはなりません。

不用品回収業者は電話やメールなどで連絡すればすぐに自宅まで来てくれますし、ほとんどの業者で即日対応が可能です。不用品の取り外し、解体、運び出しもしてもらえるので、自分は何もしなくてすみます。

吊り下げ搬出等に対応できる業者もありますので、2Fにある家具やピアノなども問題ありません。

利便性

市や区役所の不用品回収は指定収集日しか回収作業を行いません。土日はもちろん回収してもらえませんし、回収日時の指定もできないので、仕事をもっている人は休みをとらなければなりません。

不用品回収業者の場合は、ほとんど即日対応してくれますし、日時指定で回収作業を依頼することができます。業者によっては夜間や夜中に対応してくれるところもあります。

回収費用

市役所や区役所などの自治体では、行政サービスとして比較的安い費用で不用品回収を行っています。回収は、場所や収集日が指定されているので、その指定に合わせることができれば安く回収してもらうことができ、経済的です。

不用品回収業者に依頼する場合、業者ごとに料金は異なります。料金には、出張費などをふくむ「基本料金」や、回収するものごとにかかる「回収品単価」、規定外の作業などにかかる「オプション料金」なども加算されるので、自治体に依頼するより、料金は比較的高めになります。

しかし、解体が必要なものがある場合や、一人では運び出しができない重いもの、任意の曜日や時間帯に回収してもらいたい場合などは、不用品回収業者に依頼した方が楽に処分することができます。

大量な不用品がある場合は、業者によってはパック料金で割安になる場合もあるので確認してみてください。