利用者の口コミを大調査!不用品回収業者の評判まとめ

口コミでわかる!本当に支持されている不用品回収業者はここ!

HOME » 不用品回収の最新事情 » 料金相場&安くおさえるコツ

料金相場&安くおさえるコツ

本ページでは、不用品回収を依頼する場合の料金相場や、格安で利用するためのポイントといった事柄について解説していきたいと思います。

不用品回収の料金相場と、格安で利用するポイント

不用品の量や種類にもよりますが、まとまった量がある場合、行政(自治体)の粗大ゴミ回収などを依頼するよりも不用品回収業者に依頼する方が合理的です。このことは「業者に依頼するメリットは?」のページでも述べました通りです。では、依頼する場合、どの位の費用がかかるのか、というのは気になるところでしょう。法外な料金を請求してくる悪徳業者に騙されないためにも、料金相場というものは事前に把握しておきましょう。

とは言え、実は不用品回収の料金というものは業者によって実に様々。そこで理解しておきたいのが、以下の3形態です。

形態A::基本料金+回収品目ごとの費用(固定)+追加料金

不用品回収業者の多くが採用している料金形態です。基本料の相場は3,000円~5,000円程度。ここに回収品目ごとの費用(相場は後述します)が追加されていく方式です。追加料金とは、例えば古い団地などでエレベーターがなく階段や吊り下げで搬出しなければならない場合や、解体しないと搬出できないものなどの場合に発生します。

形態B::回収品目ごとの費用(交渉可能)+追加料金

こちらは一部の業者が採用している形態です。基本料は不要で、回収品目ごとの費用も固定ではなく交渉によって決めるという方式。より格安で済ませたいという場合には交渉の余地があるためオススメできますが、その反面、交渉の労力やその材料集め(他社の見積もりなど)が必要になってきます。なお、追加料金は形態Aの場合と同様です。

形態C:パックプラン

いわゆるゴミ屋敷や店舗・事業所など、回収品の量が多い場合に適したプランです。簡単に言えば軽トラック1台や2トントラック1台といった具合に、所定の運搬車両に積み込めるだけの回収品をパック料金で引き取ってもらえるというスタイルです。作業員の人数や用意されている車両などは業者によって異なりますが、軽トラックで2万円~4万円程度、2トントラックで5万円~8万円程度が目安となります。なお、追加料金についても要確認です。

品目ごとの回収費用目安

  • 3辺の合計50cm以内/重量2kg以内のもの:300円~500円

例:ケース類、フライパン/,調理鍋、シューズ、グローブ、サッカーボール、カーテン1枚、毛布など

  • 3辺の合計90cm以内/重量5kg以内のもの:500円~1,000円

例:圧力鍋、衣装ケース、衣類入りダンボール、毛布、折りたたみ椅子、スノーボード板など

  • 3辺の合計150cm以内/重量10kg以内のもの:1,000円~1,500円

例:スーツケース、観葉植物、姿見、ちゃぶ台、事務椅子、ゴルフバッグ、自転車など

  • 3辺の合計210cm以内/重量15kg以内のもの:1,500~2,000円

例:車用ホイール付きタイヤ(1個)、テーブル、仏壇、レンジ台など

  • 3辺の合計270cm以内/重量20kg以内のもの:2,000円~3,000円

例:犬小屋、一人掛けソファー、学習机、食器棚、キャビネットなど

家電:種類や大きさ、取り外し作業の有無などにより、業者ごとに設定されています。またテレビエアコン、冷蔵庫などは別途リサイクル料金も必要になります。

業者が行っている料金決定方法

不用品回収を行なう際は回収する家具や家電の種類を確認し、それぞれの回収費用を合計することで算出されます。そのため回収する粗大ごみの数が少なければ、その分回収費用も安くなることが多いです。しかし撤去する家具や家電の数が多い場合はパック料金を選択し、まとめて不用品を回収してもらった方がお得になります。

パック料金は回収にかかる費用があらかじめ明記されているため、誰もが安心して申し込むことが可能です。業者によってはいろいろなタイプのパック料金を用意していることがあるので、利用する際は不用品回収業者のプラン内容をよくチェックしておきましょう。

不用品回収料金をちょっとでも安くできるコツ

粗大ごみを不用品回収業者に持ち去ってもらう場合は、まずごみを分別しなければなりません。粗大ごみの中には燃えるごみに燃えないごみ、資源ごみなどが混じっています。それぞれの種別に合わせてごみを分けておけば、自宅で処分できるごみを取り除くことで回収するごみの量を減らすことが可能です。

まだ使えるブランド品や家電をリサイクルショップへと持ち込めば、不用品の回収資金を賄うことができます。現在はインターネット上のオークションや買取サービスを利用することでも、不用な家具や家電を手放すことができます。リサイクルショップと違って古いタイプの家具や家電も売却できるので、ネットオークションや買取サービスは不用品を売却したい時にとても便利です。

いろいろな方法でリサイクルできる家具や家電を売却した後は、残った製品を粗大ごみとして撤去してもらいましょう。不用品回収を行なっている業者の中には、軽トラック積み放題で粗大ごみ回収を行なっている業者が多く存在します。この方法は軽トラックに積める量の粗大ごみを一気に回収してもらえるサービスで、うまく活用すれば洗濯機や冷蔵庫などの設備もまとめて処分することが可能です。
回収費用も2万円から3万円程とリーズナブルで、なるべく不用品回収にかかる費用を最小限に抑えたい時にも最適です。

またより安い金額で粗大ごみを回収してほしい場合は、いろいろな業者に見積りを依頼してみましょう。複数の業者から集めた見積り内容を比較すれば、どの業者が安く不用品を回収してくれるのか確認することができます。業者の数をある程度絞って見積りを依頼しておくと、回収費用が安くなる可能性が高いです。

なるべく正確な額の見積りを算出するためにも、見積りを申し込む際は運び出す場所や不用品の数などの情報をしっかり伝えておくようにしましょう。