利用者の口コミを大調査!不用品回収業者の評判まとめ

口コミでわかる!本当に支持されている不用品回収業者はここ!

HOME » 不用品回収の最新事情 » 料金相場&安くおさえるコツ

料金相場&安くおさえるコツ

本ページでは、不用品回収を依頼する場合の料金相場や、格安で利用するためのポイントといった事柄について解説していきたいと思います。

不用品回収の料金相場と、格安で利用するポイント

不用品の量や種類にもよりますが、まとまった量がある場合、行政(自治体)の粗大ゴミ回収などを依頼するよりも不用品回収業者に依頼する方が合理的です。このことは「業者に依頼するメリットは?」のページでも述べました通りです。では、依頼する場合、どの位の費用がかかるのか、というのは気になるところでしょう。法外な料金を請求してくる悪徳業者に騙されないためにも、料金相場というものは事前に把握しておきましょう。

とは言え、実は不用品回収の料金というものは業者によって実に様々。そこで理解しておきたいのが、以下の3形態です。

形態A::基本料金+回収品目ごとの費用(固定)+追加料金

不用品回収業者の多くが採用している料金形態です。基本料の相場は3,000円~5,000円程度。ここに回収品目ごとの費用(相場は後述します)が追加されていく方式です。追加料金とは、例えば古い団地などでエレベーターがなく階段や吊り下げで搬出しなければならない場合や、解体しないと搬出できないものなどの場合に発生します。

形態B::回収品目ごとの費用(交渉可能)+追加料金

こちらは一部の業者が採用している形態です。基本料は不要で、回収品目ごとの費用も固定ではなく交渉によって決めるという方式。より格安で済ませたいという場合には交渉の余地があるためオススメできますが、その反面、交渉の労力やその材料集め(他社の見積もりなど)が必要になってきます。なお、追加料金は形態Aの場合と同様です。

形態C:パックプラン

いわゆるゴミ屋敷や店舗・事業所など、回収品の量が多い場合に適したプランです。簡単に言えば軽トラック1台や2トントラック1台といった具合に、所定の運搬車両に積み込めるだけの回収品をパック料金で引き取ってもらえるというスタイルです。作業員の人数や用意されている車両などは業者によって異なりますが、軽トラックで2万円~4万円程度、2トントラックで5万円~8万円程度が目安となります。なお、追加料金についても要確認です。

品目ごとの回収費用目安

  • 3辺の合計50cm以内/重量2kg以内のもの:300円~500円

例:ケース類、フライパン/,調理鍋、シューズ、グローブ、サッカーボール、カーテン1枚、毛布など

  • 3辺の合計90cm以内/重量5kg以内のもの:500円~1,000円

例:圧力鍋、衣装ケース、衣類入りダンボール、毛布、折りたたみ椅子、スノーボード板など

  • 3辺の合計150cm以内/重量10kg以内のもの:1,000円~1,500円

例:スーツケース、観葉植物、姿見、ちゃぶ台、事務椅子、ゴルフバッグ、自転車など

  • 3辺の合計210cm以内/重量15kg以内のもの:1,500~2,000円

例:車用ホイール付きタイヤ(1個)、テーブル、仏壇、レンジ台など

  • 3辺の合計270cm以内/重量20kg以内のもの:2,000円~3,000円

例:犬小屋、一人掛けソファー、学習机、食器棚、キャビネットなど

家電:種類や大きさ、取り外し作業の有無などにより、業者ごとに設定されています。またテレビエアコン、冷蔵庫などは別途リサイクル料金も必要になります。