利用者の口コミを大調査!不用品回収業者の評判まとめ

口コミでわかる!本当に支持されている不用品回収業者はここ!

HOME » 不用品回収の最新事情 » 悪徳業者に注意!

悪徳業者に注意!

本ページでは、不用品回収におけるトラブル防止策として、悪徳業者の手口や実態などの情報を取りまとめてご紹介したいと思います。

不用品回収のトラブル防止、一番の方法は悪徳業者を知ること!

実に悲しく嘆かわしいことですが、不用品回収という業界は、いわゆる悪徳業者が少なくありません。国民生活センターなどへの苦情も多く寄せられています。そうしたトラブルや被害に遭わないためには「敵」のやり口を予め知っておき、そうした業者を選ばないようにすることが有効です。具体的にご紹介しましょう。

ポスティングや違法看板などで「無料引き取り」を宣伝している業者

多くの場合、「無料引き取り」や「買い取り可能」など甘い言葉で利用者を引き寄せる手口を使っています。実際に依頼してみると、当然無料になることはなく、例えば「ココとココにキズがあるので回収料は幾ら」といった難癖をつけ法外な請求をしてくるのが常套手段です。「タダより高いものはない」の諺通りなのです。

見積もり提示をせず、荷物の回収作業を行おうとする業者

無料で見積もりと宣伝しておきながら、現場到着した途端、見積もり作業そっちのけで荷物を運び出そうとする手合いです。もっとあからさまに、金目のものから積み込むといった輩も存在します。もちろん言うまでもなく、後から法外な請求をしてきます。必ず見積もりを提示し料金総額に合意した上で作業を行う業者かどうかを、事前に確認しておくべきです。

所在地を明らかにしていない業者

典型的な例としては、よく住宅街を軽トラックなどで「無料引き取り」アナウンスをしながらうろついている手合いです。呼びとめてみたら法外や料金を請求されたり、回収した荷物が不法時され、警察などから依頼者に連絡が行くなんてことも。もちろん所在地を明らかにしていないため、トラブルで後々相手を見つけようとしても困難になります。防衛策としては、予め領収書の発行を頼むなど、相手が所在地を明らかにしなければならない状況を作ることです。領収書の発行を拒むようならば、ほぼ間違いなく悪徳業者ですので、避けた方が賢明です。

社名入りの制服や作業着を着ていない業者、社員証などを提示しない業者

見積もり依頼時などに訪問してきた人物が制服や作業着ではない私服を着ていているような場合は怪しい個人営業の粗大ごみ回収業者である可能性が高くなります。加えて身分を証明するものを提示しない、所持していないとなれば、なおさらです。そのような場合は、会社の所在や連絡先などを念入りに確認すべきです。逆に、まっとうな業者であれば、会社の名前やロゴが入った制服や作業着を着用し、社員証などをキチンと提示するはずです。