利用者の口コミを大調査!不用品回収業者の評判まとめ

口コミでわかる!本当に支持されている不用品回収業者はここ!

HOME » 不用品回収の最新事情 » 悪徳業者に注意!

悪徳業者に注意!

本ページでは、不用品回収におけるトラブル防止策として、悪徳業者の手口や実態などの情報を取りまとめてご紹介したいと思います。

不用品回収のトラブル防止、一番の方法は悪徳業者を知ること!

実に悲しく嘆かわしいことですが、不用品回収という業界は、いわゆる悪徳業者が少なくありません。

国民生活センターなどへの苦情も多く寄せられています。そうしたトラブルや被害に遭わないためには「敵」のやり口を予め知っておき、そうした業者を選ばないようにすることが有効です。

具体的にご紹介しましょう。

ポスティングや違法看板などで「無料引き取り」を宣伝している業者

多くの場合、「無料引き取り」や「買い取り可能」など甘い言葉で利用者を引き寄せる手口を使っています。

実際に依頼してみると、当然無料になることはなく、例えば「ココとココにキズがあるので回収料は幾ら」といった難癖をつけ法外な請求をしてくるのが常套手段です。

「タダより高いものはない」の諺通りなのです。

見積もり提示をせず、荷物の回収作業を行おうとする業者

無料で見積もりと宣伝しておきながら、現場到着した途端、見積もり作業そっちのけで荷物を運び出そうとする手合いです。もっとあからさまに、金目のものから積み込むといった輩も存在します。

もちろん言うまでもなく、後から法外な請求をしてきます。必ず見積もりを提示し料金総額に合意した上で作業を行う業者かどうかを、事前に確認しておくべきです。

所在地を明らかにしていない業者

典型的な例としては、よく住宅街を軽トラックなどで「無料引き取り」アナウンスをしながらうろついている手合いです。

呼びとめてみたら法外や料金を請求されたり、回収した荷物が不法時され、警察などから依頼者に連絡が行くなんてことも。もちろん所在地を明らかにしていないため、トラブルで後々相手を見つけようとしても困難になります。

防衛策としては、予め領収書の発行を頼むなど、相手が所在地を明らかにしなければならない状況を作ることです。領収書の発行を拒むようならば、ほぼ間違いなく悪徳業者ですので、避けた方が賢明です。

社名入りの制服や作業着を着ていない業者、社員証などを提示しない業者

見積もり依頼時などに訪問してきた人物が制服や作業着ではない私服を着ていているような場合は怪しい個人営業の粗大ごみ回収業者である可能性が高くなります。

加えて身分を証明するものを提示しない、所持していないとなれば、なおさらです。

そのような場合は、会社の所在や連絡先などを念入りに確認すべきです。逆に、まっとうな業者であれば、会社の名前やロゴが入った制服や作業着を着用し、社員証などをキチンと提示するはずです。

悪徳不用品回収業者に関するトラブル件数

国民生活センターの調べによると、不用品回収業者とのトラブル件数は2000年時点で92件しかありませんでした。

しかし2010年になると件数が1,354件まで急増します。実に14.7倍にも膨れ上がったのです。

自分に不法投棄の嫌疑がかかることも!?

悪徳業者は回収した不用品を不法投棄することがあります。もし不法投棄された品物にあなたの名前や住所または連絡先が書いてあったら大変です。

不法投棄を見つけた人や警察から「不法投棄をしませんでしたか?」と連絡が来る可能性があります。最悪の場合、自分自身が不法投棄を行ったとして処罰されてしまうことすら考えられます。

不法投棄の罰則は意外に重く、5年以下の懲役か1,000万円以下の罰金、またはこの両方が科せられます。

実際の罰金の相場は大体30~50万円とされていますが、それでも痛い出費には変わりありませんし、そもそも悪徳業者に関わらなければ払う必要のないお金です。

もし私有地に自分の不用品が不法投棄されていた場合、私有地の持ち主から撤去費用や損害賠償を請求をされる危険性もあります。

土地の持ち主が事情をわかってくれる相手なら良いのですが、そうでない場合は長期間トラブルが続くことも予想されます。こういったトラブルから自分の身を守るためにも、不用品回収は信頼できる業者に依頼してください。

歴史と住所のある業者を選ぶ

創業からある程度の年月が経っている会社であれば、悪徳業者の可能性が低くなります。長年同じところで営業しているかどうかも重要なポイントです。悪徳業者はトラブルを起こすため一箇所に留まれません。すぐに住所を変えてしまいます。

住所の情報も大切です。一般廃棄物の回収を行えるのは、その自治体から許可を得てている業者だけだからです。つまり、A市の人が一般廃棄物の回収を依頼できるのは、A市内の業者だけということになります。

出張買取などの名目でわざわざ遠くから来ている業者には注意してください。

電話番号があっても注意

携帯電話しか連絡先のない業者は文句なく怪しいです。しかし、電話番号がある業者であっても油断はできません。電話番号を一時的に提供してくれるサービスがあるからです。

「フリーダイヤルがあるから大丈夫」と考える人もいますが、フリーダイヤルは一般人が考えている以上に簡単に取得できます。

所在地や営業年数、一般廃棄物の許可番号などを調べない限り安心しないようにしましょう。

家屋を傷つけられるトラブルも

良心的な業者は、大きな不用品を回収する際に壁や床に養生シートを貼ってくれたり、不用品自体を布等で包んだりして搬出の際に家屋の壁や床を傷つけないような配慮をしてくれます。

しかし悪徳業者にそのような配慮はありません。早く仕事を終わらせて早くお金をもらって早く立ち去ることばかりを考えているからです。

このため、搬出の際に不用品を引きずって床や壁を傷つけたり、襖や障子を破損したりするケースがあります。

こういった場合は弁償を請求することになりますが、大抵の場合は業者側がゴネて揉み消そうとします。帰ろうとする業者もいるでしょう。

基本的には弁償してもらうまで業者を帰さないことが大切です。一度帰したら絶対に戻ってこないからです。念書をとってもあてになりませんので信用しないでください。大げさですが、器物損壊事件として警察に連絡するのが効果的です。

警察の到着前に逃げられる可能性もあるので、車両のナンバープレートや回収業者の顔写真を撮っておくといざという時の証拠になります。

可能であれば、回収業者とのやり取りをスマホアプリで録音しておくのも良いでしょう。

 

廃品回収車に注意

1.無許可で廃品回収を行っている業者

市町村によって違いがありますが「一般廃棄物の収集運搬業許可」などの許可の申請を行い、きちんと受理されているところしか、一般廃棄物の処理を行ってはいけないことになっています。つまり、この許可証がない場合は「違法」ということになります。

時に「古物営業の許可」「産業廃棄物許可」などの違う許可証などを見せて、一般廃棄物の処理を行えると謳っているところもあります。そういうところは明らかに、悪徳業者だと言えるでしょう。

無許可の回収業者を使ってしまった場合は、法律の元決められている適正な廃棄物処理方法で処理されず、さらに高額な料金を請求される場合もあります。

まだお金で済めばいいですが、無許可の廃品回収業者に依頼してしまった自身が、廃棄物の処理方法の責任を追求される場合もあります。

2.一般廃棄物の収集運搬業許可証の確認を

トラックなどで巡回している「無料」を謳っている回収業者の場合には特に注意しておきましょう。基本的には「無料」というものはあまりありません。あとで高額な料金を請求される場合もありますので、きちんとした会社であるのかを確認することが大切です。

もし分かりづらければ「一般廃棄物の収集運搬業許可」の提示を求めましょう。許可証を受け取った場合、市町村などのしかるべきところに電話で確認するのも大切です。

近年は違う許可証を見せて、問題ないと言ってくる場合もありますので、手口が巧妙になり判断が難しい場合もあります。頼んでもいないのに廃品を積んでいくようなところは怪しいので、必ず確認するようにしましょう。

先ほどもご紹介しましたが「産業廃棄物許可」や「古物商」などの許可証は誰でも簡単に取得できてしまいますので、信頼性がありません。「一般廃棄物の収集運搬業許可」については、市町村から認可を得る段階でかなりハードルが高いのと、一度違法な行為をしてしまうとすぐに許可を剥奪され、一般物廃棄の再許可をもらうのは非常に難しいです。

「一般廃棄物の収集運搬業許可」は、信頼性の高い許可証ということになります。

3.近くの違法な廃棄場所に捨てられている場合も

もし違法な業者に廃品を頼んでしまった場合、悪徳な業者の場合はお金を請求した後に適切な場所に捨てられていないということもあります。

洗濯機や冷蔵庫などの大きなものをお金をかけて廃棄依頼をしたのに、道ばたや空き地などに捨てられていたというケースも多いようです。

ちなみに、これは不法投棄ということになります。

不法投棄の場合は、排出者責任(簡単にいうと持ち主が責任を負わなければならない)が問われてしまいますので、廃棄されているものを自分で持ち帰らなければなりません。

お金を支払ったのに、廃棄物を自宅に持ち帰るのは非常に馬鹿らしいことです。価格が安いからと言って、怪しい業者へと依頼してしまい、このような事例を招く場合もありますので、運搬業者の信頼性は調べてみることが大切です。

4.廃品回収車の違法行為について

怪しい廃品回収車はどのような点で、違法行為が行われているのでしょうか。

まずは、「一般廃棄物の収集運搬業許可」や「一般廃棄物処理業」の許可を持っていませんので、廃棄物の取り扱いに関する法律に触れることになります。よく耳にするのが「廃棄物処理法違反」です。

これには、3でもご紹介しましたが、「不法投棄」などを主に様々な違反があり、5年以上の懲役、または1000万円以下の罰金などの罰則があります。不法投棄については、厳しい罰則が決められており、立派な犯罪行為となっています。

さらに不法時以外では、洗濯機などの家電リサイクル法に則って廃棄しなければならないものを、不適切な方法で処理したり、分解したりする場合もあります。こちらも法律違反ですので、注意しましょう。

また、こちらは廃棄物を捨てる行為とは別に、スピーカーなどを使って迷惑な宣伝をしていた場合は「拡声器使用違反」となることもあります。

このように、悪徳な廃品回収車の違法行為というものには様々なものがありますので、犯罪の片棒を担がないようにしっかりとした、見極めが大切です。

5.見積もりに注意

ポスティングなどのチラシなどで、費用が安いからとお願いして悪徳業者に当たってしまうことも少なくはありません。

そんな中で、見積書を見ることで悪徳かどうかを見極めれる場合もありますので、しっかりとその内訳などを確認しておきましょう。

見積もりは積荷を乗せる前にしっかりと確認しておきましょう。乗せ終わった後に、追加料金などと言われるケースは少なくはありません。見積もりのポイントは

  • あまりにも安すぎる見積もりの場合は注意
  • 見積もりの内訳が一品一品に対して適正な料金が示されているか
  • 運搬料金、積み込み費用などが追加でかからないのかの確認
  • 最後に、これ以上の追加料金がかからないのか最初に確認しておくこと(ここはしっかりと確認しておきましょう。)

これらは、積荷が積まれる前に確認しておくことが大切です。悪徳業者の場合は、最初の見せ見積もりで安価な料金を提示し、後から追加料金というパターンが多いので、見積もり時にしっかりと金額を確認するというのが、大切なのです。

また、他業者の価格の平均や相場、できれば相見積もりなどをとっておくことで、その価格が適正なのかどうかということもわかるかと思います。

6.「無料」と謳っている場合は特に注意、トラブル事例。

無料という聞こえが良いのですが、タダより怖いものはない、という言葉の通り「無料」で廃品回収を行ってくれるような業者はほとんどの場合「違法業者」だと言われています。

ここでは実際にあった事例をご紹介します。

無料と言われて依頼したのに

トラックのスピーカーで「無料回収者です。」とアナウンスされていたので、自転車や使わなくなった棚、ちょっとした家電などを依頼した。トラックに全て積み込んだ後に電卓で、「○万円です。」と言われた。説明を受けると回収は無料だが、リサイクル料金がかかってしまうので、どうしてもお金がかかると言われた。無料と思っていたが、積荷を乗せてあるのでつい支払ってしまった。

見積書がもらえなかった

ポスティングされていたチラシに「廃品回収見積もり無料」とあったので、依頼した。家にきてから見積もりは確かに無料であったが、小さな家電やベッドなど、10数点を見積もりすると10万程度かかると言われた。相場はわからなかったが、そのぐらいかと思って了承した。その後、依頼した荷物をトラックへと積み込んだ後、実際には重量が多かったので追加料金がかかると言われ、最初の見積もり時の2倍の料金を請求された。積み込まれた後なので、断りきれず仕方なく支払うことに、見積書はもらえず領収書だけが残ったので、あとで確認もできなかった。

脅迫のような言われ方をした

「無料見積もり」ということで依頼した。見積もり時には適正な価格であったが、実際にトラックに積んだ後に追加料金として法外の値段を請求された、こちらも納得ができなかったので「お断りします。」と答えたら「払わなければ庭先に捨てて帰ります。」「自分で降ろしてください」と脅迫まがいの対応をされた。

このように無料と謳っていても、何かをつけて追加料金や高い料金を請求されるケースが多くあります。廃品回収業者の場合は、「無料」という言葉が逆に怪しいと思ってもいいです。

もし依頼する場合も、しっかりと料金や支払いについて確認しておきましょう。

 

 

  • 東京でおすすめゴミ業者5選
  • 埼玉でおすすめゴミ業者5選
  • 神奈川でおすすめゴミ業者5選
  • 千葉でおすすめゴミ業者5選

 

おすすめ不用品回収業者
【人気の業者別】不用品回収の口コミ・体験談
【シーン別】不用品回収口コミ・体験談
不用品回収の最新事情